これが目的で前回はSSH接続をやった。

(ノ・・)ン。。。。。。(((●コロコロッ

なにか開発しようとしたときに、
ファイルの更新情報をひとつひとつ保存しておくのは非常に大変。
なので、昨今ではバージョン管理ツールを使うのが当たり前になってます。
代表的な物がCVSSubversion

Subversionを使うのもおもしろ選択肢なのだが、
残念ながらさくらインターネットにはインストールされていない模様。

( ^.^)( -.-)( _ _) ガクッ


ということで今回はCVSを利用する。
ただ、それをやるにはSSH接続がどうしても必要で、
前回はそれをやったってわけ。



CVSにはTortoiseCVSを使用。  
TortoiseCVSはputtyを使ってSSH接続するのがデフォルトになっている。
ので、そのコマンドラインの設定を変更すればいい。

前回の記事で作成した「秘密鍵」のファイルの場所を指定すればOK。
・スタートメニューのTortoiseCVS - Preferenceを起動
・Tools - SSH Parametersに以下を追加
-i "[秘密鍵のパス]"



一発OK!!
ヽ(^0^)ノ
これで気を使わずに開発が出来るね。

コメント
φ(.. )メモシテオコウ

でも改行コードの設定ってどこだろう。
[Sandbox Dos/Unix]ってやつかなぁ。
dozo...2005/02/06 05:17 PM

TortoiseCVSの改行コードの設定は Autodetect (default to UNIX) にしておいた方がいいょ。

でないとCygwinを使ったり、作業ディレクトリごとscp/rsyncしたときにハマる( ゜Д゜)
musha...2005/02/06 04:40 PM









トラックバック
http://dozo.rgr.jp/sb.cgi/132
この記事のトラックバックURL
BlogRanking
オススメしたいグッズ
我の創りし物
カテゴリアーカイブ
banners
loglog
banners
Valid XHTML 1.1!
記事一覧
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンク
関連用語
Powered by