PEARPEARのServicesシリーズは結構興味深い。

(ノ・・)ン。。。。。。(((●コロコロッ

PEARにはまだbetaだけどServicesシリーズってのがあって、
各種WEBサービスとのやりとりを簡単に作成できる。
種類はこんな感じ
Services_Amazon Provides access to Amazon.com's retail and associate web services
Services_Delicious Client for the del.icio.us web service.
Services_Ebay Interface to eBay's XML-API.
Services_ExchangeRates Performs currency conversion
Services_Google Provides access to the Google Web APIs
Services_Trackback Trackback - A generic class for sending and receiving trackbacks.
Services_Weather This class acts as an interface to various online weather-services.
もちろん基本はお米の国サイトなんだけど、
日本語サイトがあれば置き換えることは可能。

今回はAmazon検索についてあれこれ調べているので、
PEAR::Services_Amazonを使って遊んでみることに。  
ソースコードはこんな感じ。
<?
require_once("Services/Amazon.php");

$amazonObj = & new Services_Amazon();
$amazonObj->setToken( "XXXXXXXXX" ); // developer tokenは別途入手が必要
$amazonObj->setAssociateID( "alloftheworld-22" ); // アソシエイトID
$amazonObj->setLocale( "jp" );
$amazonObj->setBaseUrl( "http://xml-jp.amznxslt.com/onca/xml3" );
$itemlist = $amazonObj->searchKeyword( "仮面ライダーアマゾン" );

print_r( $itemlist );
?>


検索結果は配列に格納されてきます。














ただ、少し使いにくい。
・検索結果が配列
・結果が空の場合raiseErrorが起こる
・Liteモード限定


手軽に使うのではなく、
もっと詳細な検索をするのならば、
そのまま使わず改良するのがベスト!!

コメント








トラックバック
http://dozo.rgr.jp/sb.cgi/194
この記事のトラックバックURL
BlogRanking
オススメしたいグッズ
我の創りし物
カテゴリアーカイブ
banners
loglog
banners
Valid XHTML 1.1!
記事一覧
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンク
関連用語
Powered by